読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人外ユニットパーツメモ

オレ氏がどんなユニットパーツを着けたかのメモ書きだから気にすんな。見たけりゃどうぞ←

髪型変更ユニット
アイコンやイラストで耳から生えているアレ。スイッチ1つで髪型が変わるヘッドパーツ。オレ氏が人外ユニットを考え始めた全ての元凶。アレは生えているんじゃなくて耳かけ式ヘッドホンのようなもの。アレだけでウィッグ、ヘッドホン、取り付け時の聴力低下を補う補聴器の役割を果たしている。頭部にホログラムをかける為リアルの地毛は変わらない。ハゲにしてもそう見えるだけで触ったらフサフサ←

人魚ユニット
下半身の差し替えで人魚になった。脚ではなくなった為移動方法はタイヤの付いたバスタブというシュールな絵面。

竜人ユニット
下半身と腕の差し替えで赤い竜人になった。 胸部のユニットで翼が展開出来るのだが飛び方が分からず飛ばずじまいだった。夏季限定でイルカ柄のウェットスーツを着用して水竜人になった。

ハーピーユニット
下半身と腕の差し替えでハーピーになった。通常では羽がちらほら生えている腕だが、仮面をつけると翼が展開出来る。白頭鷲のような力強い飛翔が可能。

ケンタユニット
下半身の差し替えでケンタウロスになった。人を乗せることが可能だが、脚関節が脆弱な為走る事が出来ない(メンテナンスやセットアップに本気を出せば走れなくはない)。期間限定で下半身の毛色がシマウマになった。

スキュラユニット
下半身の差し替えでスキュラになった。スキュラというが諸事情により下半身の狼の頭は4つ(本来は6つ)。それぞれの頭は性格が違い、よく喋る。関節部が強化され普段から走れる。人を乗せる場合、関節部は補強する。

銀竜ユニット
下半身と腕の差し替えでワイバーンの首から上がヒトというトンデモナイものになった。現在の姿。名前の由来はとある歌だとか…。その歌の通り背中に乗れる。飛ぶことも出来る為アクト達にアトラクションにされる時がある。着用していない時はワイバーンの首が生成されている。

クラーケンユニット
下半身の差し替えで某人魚姫に登場する海の魔女のような姿になった。陸上のあまりの暑さに憤慨した唯流が人工筋肉を用いたこのユニットを密かに作っていた。擬似的にエラ呼吸を行っているので海の中で呼吸が出来る。陸上で歩行も可能。下半身の触手は腕を含めて8本あるため、クラーケンというがおそらくタコであると予測ができる。

ナイトメアユニット
銀竜ユニットのハロウィン仕様を目指したつもりが行き過ぎた拘りで何処かで自宅警備しなくてはならなくなりそうな悍ましい姿になった。背中から尻尾の先までトゲトゲしいので無闇に触るとケガをする…かもしれない。表情筋がない為表情が分からない。



新型ユニット考案中…