読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の開発メモ

○月○日
今日は休暇を頂いたから特別に許可貰ってスクラップ場を探索した。そうしたらアニマトロニクスがあったんだ。それはもう死体かと見紛う程に作り込まれてるものがね。そしてそれを引き取る事に成功したんだ。修復出来たらすごい物になるんじゃないかな?

○月▽日
どうやらこの子は再利用出来るパーツが多いみたい。胴体のサーボを人工筋肉に切り替えれば腕と脚が復活するかもしれない!でも胴体だけ軽くなると頭が重いからバランスが取れなくなるよね…。重しになるものはないかな?

○月×日
全身の骨組みをジュラルミン製の人骨の形にしてみた。まるで骨格模型を見てるみたいだ。もしかしたらそこに人工筋肉と人工臓器を入れたらヒトとして生きていけるかな?僕の細胞を抽出して、研究所に持っていこう。

×月▽日
機械としてなら必要ないであろう人工臓器が全て完成したと連絡が入った。しかし脳とそれらに直結する眼、耳は作れなかったらしい。頭部の臓器は機械で作ればいいかな。もう既に僕の脳のデータをコンピューターでコピーして貰ってるからデジタルとアナログのハイブリッドにしようと思う。それなら頭もサーボで埋まっててもがさばらないからね。

×月×日
そういえば回収した時の姿が女性だったんだよね。きっと型としてもそうなんだろうけど…この臓器は……"彼女"を"女性"にしたくないなぁ…。人工皮膚でリアルさが増してきた。どうしよう、直視出来ない。

◇月○日
ダミーのAIを使って稼働テストをしてみた。臓器共に問題なし。このままいけば本格的に稼働出来るかも!腕と脚がまだ開発中なのが痛手だね…メンテ時間削減の為に脱着式にしたほうがいいのかもね。

7月27日
僕の誕生日に稼働をスタート。彼女の名前は…
天宮唯流
僕の双子の妹だ。